映画『洗骨』公開記念舞台挨拶

2019年02月10日18:42  映画 洗骨 写真あり

【イベント】
2月10日、映画『洗骨』の公開記念舞台挨拶が東京・シネマート新宿にて行われ、主演の奥田瑛二をはじめ筒井道隆、水崎綾女、筒井真理子、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎、照屋年之監督らが登壇した。
 
公開まで精力的に宣伝活動を行った主演の奥田は、監督から沖縄での大ヒットの報告を聞くと「3週沖縄で 1位ということは...僕が木村君やクィーンに勝ったってこと?」とニヤリ。場内からも大きな笑いと拍手が飛んだ。 「この年齢になって、よくぞこんな映画に巡り合えたと思います。昔巨匠と仕事をしたとき、脚本を読んだ瞬間に『監督に会いたい~!!』と叫んだ。そして今回も『監督に会いたい~!!』と叫んだんです。思えば20数年、一生懸命仕事をしてきたけれどそんなことはなかった気がします。だから気合が入りすぎて、役作りをどうしていたのか、どんなことを思いながら沖縄にいたのか記憶がない。それくらい強い想いと自信をもって、お届けできていると思いま す」と語った。

筒井は沖縄での撮影を振り返り、「もともとが沖縄が好きで。撮影では約1ヶ月滞在しました。沖縄の歴史なども知らな かったから調べたりして。今も、もっと勉強しようと思いますね」と笑みを浮かべていた。
 
水崎は、この作品と巡り合う前は引退も考えていたことを明かし、「(女優人生の)第二章の始まり、スタートのような気がしています。」と語った。信綱の長女で妊婦の優子を演じたが、お腹のシリコンを巻いたまま、撮影が休みの時も生活を続けていたそうで「『命を繋ぐ』がテーマで、わたしの妊娠姿がとても大事だったので。そうして生活していると、町に出ても妊婦さんが自然と目に入ってくるんです。旦那さんと寄り添って幸せそうなのに、自分は一人で寂しくなった。そういう気持ちが優子が感じている気持ちなのかなと。それから食堂のおばちゃんがわたしのお腹を見て「もうすぐ生まれるね」「この張り方は男の子ね」と応援してくれてちょっと心苦しかった(笑)。」と振り返り、当時の心境を明かした。
 
また、妻亡き後生きる気力を失くした信綱に寄り添う姉・信子を演じた大島は、満員の客席を前に「初めての舞台挨拶なので緊張していますが 2度3度と足を運んでいただいて、この映画を知らない方にも教えてあげてください」と堂々の挨拶。現場では「わからないことがあると、監督がやって見せてくれるんです。それが上手すぎて!」と語ると監督は、「大島パニックと呼んでたんですが、現場では『急に言われてもできない!準備していたことしかできないよ!!』と慌てるのに、本番の声がかかると堂々の演技。この人、本当に本番に強いんです」と現場での様子を語った。
 
坂本は独特のテンポで「今日大雪にならなくてよかったです。それもこれも皆さまのおかげです」とあいさつ。また、水崎演じる優子の恋人役で俳優デビューを果たした鈴木さんは挨拶のあと「10年前に流行ったギャグをやらせていただきます!」 と万感の思いを込めて「卑弥呼様~!!」を全力披露。
 

そして、信綱の妻役で数シーンの出演ながら、キーマンとなる恵美子を演じた筒井は、「遺影にはこだわりましたね。台本を読んだときに、なんて幸せな役なんだろうと思ったんです。でも失敗すると映画が成立しなくなる役。死に顔と遺影にはこだわらせていただきました」と語った。
 
また、映画になぞらえ、「女は強し!」と思ったエピソードを問われた奥田は、「うちの家族を想像していただければ言うことないと思います...」と語ると場内も納得の雰囲気。「僕は女性至上主義者なんですが、すべての女性に感謝している今日このごろです」と語ると、照屋監督は、「女は強しというのを水崎さんに感じて...」と、本作が初上映された2018年沖縄国際映画祭のレッドカーペットのときのエピソードを披露。屋外で実施されるレッドカーペットが雨天で中止になりかけていたときに、水崎さんが「わたしに任せてください!」と両手を空に掲げると...「まさかの土砂降りの雨!雷までなってたぞ!(笑)」(監督)「わたし、晴れ女なんですけどね(笑)」(水崎)「女は強いというか、水崎は強い(笑)」(監督)と語り、場内は爆笑の渦に。 
 
最後に奥田は「もう何も言うことはありません。このままの勢いで走ってくれることを祈っています。この映画を語るときは “あんな奥田瑛二見たことない!”をキーワードでお願いしますね」と笑顔でいうと、「股間の伸び切ったブリーフはいた奥田さんなんて他では絶対見られないですよね!」と監督も納得。「宣伝期間中にこの話をどこかで聞いたみたいで、グンゼから最新式の赤いボクサータイプとブリーフが1ダースづつ送られてきた(笑)今日も履いてます!」(奥田) 照屋監督は、本作について「大勢の人の血と汗が混じって作り上げたと思っています。わが子のように可愛い作品です。見せたく て仕方がない、年賀状に赤ちゃんの写真を載せる人の気持ちがわかりました!」と語り、劇場公開の喜びを語っていた。
(オフィシャルレポート&スチール)
 
【ストーリー】
洗骨――。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島では西側に位置する「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。 沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。 実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来るが、優子の様子に家族一同驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つ になるはずの“洗骨”の日まであと数日、果たして彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?
 
奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子 鈴木Q太郎 筒井真理子
監督・脚本:照屋年之
 
制作プロダクション:ファントム・フィルム 制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 製作:『洗骨』製作委員会(吉本興業 ファントム・フィルム 朝日新聞社 沖縄タイムス社) 配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)『洗骨』製作委員会
公式HP:http://senkotsu-movie.com
丸の内 TOEI ほか全国にて大ヒット上映中!
関連記事
トラックバックURL

http://moviecore2019.blog.fc2.com/tb.php/86-8c900325

前の記事 次の記事