映画『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア開催!キャスト全員で仕掛けたドッキリに堤幸彦監督も驚愕!?

2019年01月09日20:38  映画 十二人の死にたい子どもたち 写真あり

ムービーコア
【イベント】
平成で一番ヤバい日本映画として話題沸騰中の映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアが東京・ヒューリックホール東京にて開催。若手オールスターキャストが勢揃いし、大歓声を浴びた。本作は「天地明察」、「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)が初の現代サスペンスを描いたた「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)を実写映画化。閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜し、死にたい理由が徐々に明らかになる少年少女たちを描くミステリー。

壇上のタイトルパネルが回転すると、それぞれが扉となっており、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、杉咲花、黒島結菜、橋本環奈をはじめ吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、堤幸彦監督らが舞台挨拶に登壇した。

各自挨拶を済ませると、本作はヤバい映画と話題になってることにちなみ『最近ヤバかったことは?』と質問。
新田は「昨年末から年始にかけて実家の京都に帰っていて、その後、友達のいる名古屋に行って、そして北海道に行ってきました」と、7日間で京都、名古屋、北海道と三都市を訪れたのはヤバかったといい、会うことはなかったものの偶然にも北海道には坂東も訪れていたという。
また古着好きの北村は「ビンテージの靴を良く買うんですね。ビンテージの靴は劣化も激しくて、その中には靴底の固いものあり、気にせず、雨の日に履いていたら、知らない内に靴底がなくなってしまい、右足のみ靴下もびしょ濡れにしたまま、電車に乗り現場に行ったのはヤバイと思った」とエピソードを披露し、このエピソードに客席の笑いを誘うと、北村は「これは1年に一度はあるヤバイ話」とさらに笑いを誘った。

次に質問も変わり、『人生の大きな決断をしたことは?』と問われると、
新田は「ロスで生まれ育ち、日本に拠点を置いて役者としてやっていくことを決めたのが人生で一番の決断だったかもしれない」と、悩まず覚悟を決めたことを明かすと、北村は大学に行くか役者かを悩み、芸能一本でやると決断し、役者を選んだことで、すぐにドラマで初めて新田真剣佑に出会ったという。高杉からも「中学の時に福岡から上京するか、どうするか…2年ぐらい悩み、上京した」と明かすと、背中を押したのも決断をしたのも自分だったと語った。
次にボタンを押した人数が分かるトータライザーを使い全員に質問が投げられ、『堤監督の次回作に是非出演したいか?』と尋ねると、
堤監督も「これは、もう、12に決まってますよ!全員ですよ!」と自信をみせると、トータライザーでは、まさかの0人と表示され、12人のキャスト陣の誰も押さないという結果に、「お前らおかしいだろ!」と堤監督もびっくり!思わず舞台袖に帰ってしまう一幕もあり、「これは私のことを見切ったということか…『十二人の見切った子どもたち』と、思わずジョークも飛び出し、この結果に会場も笑いに包まれると、杉咲から「もう、あんな現場は耐えられないです!」とダメ出しコメント。すると、キャスト陣もニヤニヤし、杉咲から「全部嘘なんです」と明かされ、これには堤監督もア然。そう全員が舞台挨拶の前に打ち合わせし、わざと、トータライザーのボタンを押さなかったというドッキリだったことを告白!堤監督も「酷い…!」とポツリ。若手キャストらが仕掛けたドッキリに笑いと拍手に包まれる舞台挨拶となった。
(編集部)
フォトギャラリー














死にたいけど、殺されるのはイヤ。
ミッション:集団安楽死 / 場所:廃病院 / 参加者:12人の未成年 / 謎:13人目の死体
その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」 ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が......?死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。全員、ヤバい。 気が抜けない。 いつ誰が殺人鬼と化すかもわからず、パニックは最高潮に。彼らは、安心して“死ねるのか”怯えながら“殺されるのか”
出演: 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜/橋本環奈/吉川愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音、竹内愛紗
監督:堤幸彦
原作:冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文春文庫刊)
脚本:倉持裕
音楽:小林うてな
主題歌:The Royal Concept「On Our Way」(ユニバーサル ミュージック)
企画・製作 日本テレビ放送網
制作プロダクション オフィスクレッシェンド
配給 ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://shinitai12.jp
©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
1月25日(金)全国公開!
関連記事
トラックバックURL

http://moviecore2019.blog.fc2.com/tb.php/8-135e96ea

前の記事 次の記事