映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミア inTOKYO開催!!

2019年01月28日20:46  映画 翔んで埼玉 写真あり


ムービーコア
【イベント】
28日、映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミア inTOKYOを東京ドームシティホールにて開催。豪華キャスト陣がイベントに登壇した。
主演の二階堂ふみ、GACKTをはじめ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹らキャスト陣が一同に揃うのは今回限りというプレミアイベントに観客は大熱狂となった。
『翔んで埼玉』ジャパンプレミアフォトギャラリー ←こちら
あの「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」という衝撃的な台詞であるキャッチワードの“そこらへんの草”ならぬ【人工芝のグリーンカーペット】を会場のアリーナ中央に設置。オープニングでは二階堂ふみ・GACKTがカーペット後方から登場し客席の間近を歩きながら“彩の国・埼玉”をなぞらえた“彩玉ボール”を投げ渡すファンサービスに大歓声が響き渡り大熱狂!観客のテンションも最高潮となった。
本作は魔夜峰央原作の漫画『翔んで埼玉』を大胆にアレンジし、実写映画化。本編は、“伝説パート”と、“現代パート”の 2部構成となっている。
壇ノ浦百美役・二階堂ふみ:今日はちょっと男の子の気分で。途中からガラリと愛の方向に向かって行くので『ディスりからの愛への変化を楽しんでもらえたらと思います。麻実麗役・GACKT :こんばんは、こんばんはー!こんばんはー!!この映画を広めてください。面白くなかったら結構です(笑)。東京都知事・壇ノ浦建造の執事 阿久津翔を伊勢谷は「もうちょっと千葉も頑張りたいので、次回作は是非!『泳いで千葉』お願いします!」と懇願。
伝説の埼玉県人・埼玉デュークを京本は「埼玉デュークは原作には出てないキャラクター。完璧にオリジナルの役なんです。魔夜峰央先生が僕を見て『これが埼玉デュークだ!』って言ってくれたので、それだったら先に描いて欲しかった」と、原作者からのお墨付きのオリジナルキャラクター。そこも見どころとアピールした。
菅原好海役のブラザートムは「俺もGACKTみたいのやっていい?『こんばんはー!うるせー!』」と、発散して満足した様子。会場は大ウケとなっていた。
菅原愛海役の島崎遥香は「埼玉県出身です。やっと今日、はじめて自信を持って埼玉県出身と言える日が来たなと思いました!」とニッコリ。
生徒・下川信男役の加藤は「魔夜峰央ワールドを感じてください」と土汚れメイクもバッチリで気合いを感じさせていた。
麗のお手伝いさんのおかよ役の益若は「私も埼玉県民なので、やっと埼玉県出身と恥ずかしくなく言える。ちょっと声を大にはできないけど、映画を観終わった後には、きっと埼玉を好きになってくれると思います」と同じく埼玉県出身の島崎と顔を見合わせて共感したようだ。壇ノ浦百美の父親で現東京都知事・壇ノ浦建造役の中尾は「東京都の知事をやってますけど、私は千葉県出身なんですよ」と明かすと千葉のお客さんから声援が上がり、『恥ずかしいいよ』と照れ笑い。「はじめはやりたくなかったんだよね。こんな埼玉を侮辱していいのかと。そして映画になるのかと。でもやっていく内に埼玉が憎くなってきて楽しかったです。こういったコスチュームプレイをやる機会もないので思い切ってやりました」と、ベテラン俳優の中尾も楽しめた撮影、そして作品となっているようだ。
ーー出演オファーを受けて
GACKT:最初、高校生というオファーがあったんですけど、即答で断ったんですよ。そうしたら『これは特殊な高校生でして』と言われ、特殊な高校生ってどんな高校生?ってなって。この物語を知って撮影に入り、初日にキスシーンだったんで『なんて工程だ』と思ってて、でもこの日は絢爛豪華なセットから始まって、むしろ僕らがやっている格好の方が標準で、スタッフの普通の格好の方がおかしい格好に見えてくる。他の共演者の方もメイクも凄いし、入口がそうだったので僕もふみちゃん(二階堂)も非常に良いスタートを切って、世界観に入ったんじゃないかなと。
ずっと最後まで監督の手のひらで弄ばれてこの映画を撮り終えた感じです。
ーー撮影で印象に残っていることは?
二階堂:今回、個性豊かな方々が集結してて、まるでこうそれぞれの違う星の方々がそこの代表として、ガッと地球に集まった感じで、ブワーってやって一斉に帰って行った感じの現場だったなと、体感だったので、撮影中は自分が一番まともだなと思ってしっかりしなきゃと思ってました。 
かなりインパクトの強い作品でキャスト陣も撮影は楽しかったと口を揃えている本作。最後に二階堂は「この作品を通じて自分たちの地元を愛する心を増やしていって欲しいと思います」、GACKTは「もうくだらないと思った時、何だこれはと思った時には声を出してください。声に出して笑いながら観て頂ければ良いと思います。『今世紀最大の茶番劇』というのが似合う作品だと思います」と締めくくった。
(編集部)

【ストーリー】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇 ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。
キャスト:二階堂ふみ GACKT 
ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 伊勢谷友介 京本政樹 他
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
©魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社
配給:東映
2月22日(金) ロードショー!













関連記事
トラックバックURL

http://moviecore2019.blog.fc2.com/tb.php/52-2b736f31

前の記事 次の記事